利尻礼文サロベツ国立公園 北海道にある日本最北の国立公園であります 高山植物の宝庫である利尻島・礼文島、サロベツ原野の湿原などがみどころです

利尻礼文サロベツ国立公園(りしりれぶんさろべつこくりつこうえん)は、北海道にある日本最北の国立公園であります。

1965年7月10日に国定公園指定され1974年9月20日に国立公園指定された、全国で27番目の国立公園です。

面積は241.66km2。

高山植物の宝庫である利尻島・礼文島、サロベツ原野の湿原などがみどころです。

ビジターセンター

原生花園ビジターセンター(豊富町観光協会)

幌延ビジターセンター

関係市町村

サロベツ原野宗谷支庁
稚内市

礼文郡
 礼文町

利尻郡
 利尻町
 利尻富士町

天塩郡
 豊富町

留萌支庁
天塩郡
 幌延町




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。