知床国立公園 北海道東部、知床半島周辺に位置する国立公園 知床五湖と硫黄岳斜里郡斜里町と目梨郡羅臼町にまたがり知床五湖や知床岬などで有名

知床国立公園(しれとここくりつこうえん)は北海道東部、知床半島周辺に位置する国立公園です。

1964年6月1日指定されました。

知床国立公園の面積38,633ha。


知床五湖と硫黄岳斜里郡斜里町と目梨郡羅臼町にまたがります。

知床五湖や知床岬などで有名です。

また、1月から3月にかけて周辺の海岸は流氷で埋め尽くされることでも有名であります。

ほぼ手付かずの原生林に覆われており、エゾシカ、キタキツネ、ヒグマのほか、オオワシ、オジロワシなどの野鳥やアザラシなどの海獣といった様々な生き物が数多く生息しています。

2005年にはユネスコ世界自然遺産に登録されました。


posted by tomarigi at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知床国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。