陸中海岸国立公園 岩手県北部から宮城県北部に至る海岸線一帯を占める国立公園 東日本の国立公園では唯一ともいえる本格的な海岸公園

陸中海岸国立公園(りくちゅうかいがんこくりつこうえん)は岩手県北部から宮城県北部に至る海岸線一帯を占める国立公園です。

東日本の国立公園では唯一ともいえる本格的な海岸公園であります。

1955年5月2日指定されました。

管理上では北部の宮古地区と南部の大船渡地区に分割されています。

地形は、

陸中海岸国立公園は北部と南部で性格が異なります。

北部は典型的な隆起海岸を成し、高さ50m〜200mにも及ぶ大規模な海食断崖が連続し、その間に砂浜海岸が見られます。

一方、宮古市以南は典型的なリアス式海岸であり、陸地の沈降によって形成されています。

また、中小規模の半島が多く、比較的著名なものに重茂半島、船越半島、広田半島などがあります。

自然

植生
大半はアカマツを中心とした自然林となっており、半島部では手付かずの自然が残る秘境も多いです。

だが、千島海流の影響によって、温暖な地方で生育する植物も多数見られるのが特徴であります。

北山崎ではシロハナシャクナゲ、ハマナスなど、船越半島のタブノキ、広田半島のトベラなどが顕著であります。

動物
北上高地と連続している地域が多く、大型動物であるカモシカが見られるほか、ウミネコ、オオミズナギドリなどの海鳥類が多く棲息しています。

主な景勝地
著名な景勝地を北から海岸線順に列挙する。

小袖海岸(久慈市)
十府ヶ浦(野田村)
玉川海岸(野田村)
北山崎(田野畑村)
鵜ノ巣断崖(田野畑村)
田老海岸(宮古市)
三王岩(宮古市)
浄土ヶ浜(宮古市)
魹ヶ崎(宮古市)
船越半島(山田町)
赤平金剛(山田町)
浪板海岸(大槌町)
御箱崎(釜石市)
三貫島(釜石市)
碁石海岸(大船渡市)
珊瑚島(大船渡市)
高田松原(陸前高田市)
以下宮城県

巨釜半造(気仙沼市)
大島(気仙沼市)

名称については、

同公園の名称は、「三陸」という呼称が全国的に定着しているため三陸海岸国立公園と誤用されることが多いです。

そのため、より知名度が高く国民に認知されている三陸海岸への名称変更への運動が行われています。

実際に1999年陸中海岸国立公園協会が名称変更を決定し、国への要請を行っています。

しかし、地元に反対運動があり難航が続いています。

尤も、指定当初は岩手県普代村から釜石市に至る陸中地区のみの指定だったためであります。

しかし、後に北は久慈市、南は宮城県気仙沼市にまで指定区域が拡張されたため、陸中という名称が不適切になっているのは事実であります。








posted by tomarigi at 23:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | 陸中海岸国立公園
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
陸中海岸、とても印象に残っています。又、行きたい所です。
Posted by りょーこ♪ at 2007年09月19日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。