磐梯朝日国立公園 福島、山形、新潟の三県にまたがる国立公園 猪苗代湖と磐梯高原・吾妻山、飯豊山地、朝日山地(出羽三山を含む)の4地区に分かれている

磐梯朝日国立公園(ばんだいあさひこくりつこうえん)は、福島、山形、新潟の三県にまたがる国立公園です。

1950年9月5日指定されました。

猪苗代湖と磐梯高原・吾妻山、飯豊山地、朝日山地(出羽三山を含む)の4地区に分かれ、面積は1896.61平方キロメートルとなっています。

猪苗代湖は日本4位(淡水湖では3位)の大湖で、面積が103平方キロメートル、深さは94メートルであります。

北岸近くに世界的な医学者、野口英世の生家があります。

会津方面はもとより、安積疏水により郡山方面へも農業用水、飲料用水を供給しています。

福島県の水がめとしても非常に重要であります(→猪苗代湖)(→安積疏水)(→日橋川)

磐梯高原は裏磐梯とも呼ばれ、磐梯山の1888年(明治21年)7月の噴火により、北側への大規模な火山泥流となり河川を埋めて誕生しました。

現在は桧原湖、五色沼、雄国沼など風光明媚な観光地で、有料道路・遊歩道も整備され、夏は避暑地として、冬はスキー場として観光客が絶えないです。

磐梯山の火口跡がなまなましい状態です。(→磐梯高原)

飯豊山は朝日岳とともに高山植物が有名であります。

なお、飯豊連峰と呼ばれるほど山容が大きく、万年雪も残るため登山には充分な装備が必要であります。(→飯豊山地)

月山は飯豊山とともに山岳信仰の山で、遅くまで夏スキーを楽しむことができます。


posted by tomarigi at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 磐梯朝日国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。