日光国立公園 栃木県、群馬県、福島県、新潟県の4県にまたがり、広域関東圏の北部に広がる国立公園 日光・鬼怒川・塩原・那須・尾瀬など北関東北端の主な景勝地を網羅しています

日光国立公園(にっこうこくりつこうえん)は、栃木県、群馬県、福島県、新潟県の4県にまたがり、広域関東圏の北部に広がる国立公園であります。

1934年12月4日に大雪山国立公園、阿寒国立公園、中部山岳国立公園、阿蘇くじゅう国立公園とともに指定されました。

総面積は140,021haで、日光・鬼怒川・塩原・那須・尾瀬など北関東北端の主な景勝地を網羅しています。

那須火山帯に属する山岳地帯で、本国立公園最高峰の白根山(2578m)や、古くから信仰の山として知られる男体山、現在も噴煙をあげている那須岳などが含まれています。

中禅寺湖(1,162ha)、湯ノ湖、西ノ湖、尾瀬沼などの湖沼、華厳滝や湯滝、霧降ノ滝、三条の滝などの滝といった自然の名勝が多いです。

また、鬼怒川、塩原、那須、日光湯元、湯西川、川治、奥鬼怒、女夫渕など多くの温泉が湧出し、公園利用の拠点となっています。

また、シラネアオイやオゼソウ、シブツアサツキ、コウシンソウなどの貴重な高山植物やツキノワグマ、ニホンジカ、ニホンカモシカ、ニホンザルといった野生動物も多いところです。

しかし、観光客の餌付けによって凶暴化していて被害も出ているので、日光市ではサルの餌付け禁止条例も出しています。

関係市町村

栃木県
日光市、矢板市、那須塩原市、塩谷町、那須郡那須町

群馬県
利根郡片品村

福島県
南会津郡下郷町、檜枝岐村、西白河郡西郷村

新潟県
魚沼市

日光国立公園の歴史は、

1934年(昭和9)12月4日 「日光国立公園」指定(日光、尾瀬及び奥鬼怒地区)

1938年(昭和13)5月13日 特別地域を指定されました。

1950年(昭和25)9月22日 那須、甲子、塩原、藤原、栗山及び足尾地区を区域に加えられました。

1953年(昭和28)12月22日 特別保護地区を指定されました。

1957年(昭和32)4月5日 那須地域の区域を変更されました。

1957年(昭和32)7月8日 旧皇室用地を区域に加えました。

1965年(昭和40)4月15日 光徳地区及び戦場ヶ原の一部を特別地域に指定されました。

1967年(昭和42)12月5日 尾瀬の一部を特別地域に指定されました。

1985年(昭和60)9月5日 那須甲子、塩原地域の公園区域及び公園計画を全般的に見直ししました。

1992年(平成4)7月14日 那須甲子、塩原地域の公園区域及び公園計画を変更されました。

1997年(平成9)9月18日 日光地域の公園区域及び公園計画を全般的に見直ししました。





posted by tomarigi at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日光国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。