富士箱根伊豆国立公園 山梨県、静岡県、神奈川県、東京都にまたがり、広域関東圏の南部に広がる国立公園 富士五湖周辺、箱根温泉、伊豆半島と観光客が集中する地区

富士箱根伊豆国立公園(ふじはこねいずこくりつこうえん)は山梨県、静岡県、神奈川県、東京都にまたがり、広域関東圏の南部に広がる国立公園で1936年2月1日十和田八幡平国立公園、吉野熊野国立公園、大山隠岐国立公園とともに指定されたのが始まりであります。

面積は 121,850haです。

富士五湖周辺、箱根温泉、伊豆半島と観光客が集中する地区を抱えていることから、年間利用者は毎年のべ1億人を突破する、日本国内で最も利用者が多い上級公園でもあります。

「富士山」「箱根」「伊豆半島」「伊豆諸島」の4つのエリアで構成され、火山活動由来の自然美や温泉が楽しめます。


関連項目

富士山地域 - 富士山や周辺の湖など
富士五湖
青木ヶ原
白糸ノ滝
箱根地域 - 箱根火山と芦ノ湖
箱根山
箱根温泉
芦ノ湖
伊豆半島 - 天城山を中心とした火山と海岸の景色
天城山
大室山
熱海温泉、伊東温泉など温泉が多数(静岡県の温泉参照)
城ヶ崎海岸
伊豆諸島 - 海岸や火山
大島
利島
新島
神津島
三宅島
御蔵島
八丈島
式根島
青ヶ島
八丈小島
広域関東圏

posted by tomarigi at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 富士箱根伊豆国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。