足摺宇和海国立公園 四国南東部、高知県足摺岬〜愛媛県宇和海沿岸に至る国立公園 殆どを海岸が占めるが、滑床渓谷や篠山、法華津峠といった内陸部にも指定地が点在

足摺宇和海国立公園(あしずりうわかいこくりつこうえん)は、四国南東部、高知県足摺岬〜愛媛県宇和海沿岸に至る国立公園であります。

面積は約113平方qです。

指定区域の殆どを海岸が占めるが、滑床渓谷や篠山、法華津峠といった内陸部にも指定地が点在しています。

また、海中公園が多く、竜串、樫西、勤崎、尻貝、宇和海、沖ノ島の6ヶ所が指定されています。

足摺宇和海国立公園の歴史

1955年4月1日足摺国定公園として公園指定されました。

1972年11月10日宇和海地域の追加に伴い、足摺宇和海国立公園に名称が変更されました。

自然

景勝地

足摺岬

竜串

見残し

宇和海

滑床渓谷

篠山

法華津峠


posted by tomarigi at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 足摺宇和海国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。