西海国立公園 長崎県西北部に位置します 日本で18番目に指定を受けた国立公園 リアス式海岸と200余りの島からなる九十九島を含め、大小400に及ぶ島々が繰り広げる外洋性多島海景観を特徴

西海国立公園(さいかいこくりつこうえん)は長崎県西北部に位置する、1955年3月16日に、日本で18番目に指定を受けた国立公園であります。

キャッチフレーズは「島々の王国」です。

リアス式海岸と200余りの島からなる九十九島を含め、大小400に及ぶ島々が繰り広げる外洋性多島海景観を特徴とします。

指定区域

指定されている区域は大きく下記の3つに分けられる。

九十九島地域

平戸・生月地域

五島列島地域


国立公園制定までの流れ

昭和24年(1949年)当時佐世保市長だった中田正輔により、制定へ向けた動きが始まりました。

戦前までは特に九十九島地域において軍港に近いために写真撮影が禁止される他種々の制限があったこと等から、観光地としてはあまり知られていない地域であったために実現を疑問視する声は大きかったが、中田市長の熱意の下、県や周囲の町村を動かし、一市五十三町村からなる「西海国立公園指定期成会」を1950年に設立しました。

昭和26年(1951年)には西海国立公園の実現を公約に掲げた西岡竹次郎知事が誕生しました。

市は東京大学、京都大学、長崎大学にそれぞれ周辺の地理や歴史、風俗などの調査を依頼し、また厚生省に幾度も陳情し同省の官僚や国立公園審議会の委員を招き、県は国立公園指定の請願書を衆議院及び参議院へ提出しました。

また、当時毎日新聞社が行った日本観光地百選に九十九島は海岸の部で3位に入賞するという動きもありました。

そうした努力と真価が認められ、1954年8月の国立公園審議会では満場一致で国立公園に決定、翌年3月に政府が公式発表を行い、ここに西海国立公園が誕生しました。


主な観光スポット

九十九島地域

九十九島

西海パールシーリゾート

烏帽子岳

弓張岳

平戸・生月地域

川内峠

黒子島(平戸瀬戸、アコウ等の原生林)

阿値賀島

塩俵断崖(生月島西岸、柱状節理)

五島列島地域

ポットホール(小値賀島)

福江海中公園

大瀬崎灯台

関連する曲

西海讃歌(作詞藤浦洸、作曲團伊玖磨)

九十九詩人(作詞阿久悠、作曲羽田健太郎)

関係市町村

佐世保市

平戸市

五島市

西海市

北松浦郡小値賀町、鹿町町

南松浦郡新上五島町




posted by tomarigi at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西海国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。