霧島屋久国立公園 鹿児島県を中心とする南九州の主要な景勝地に設けられた国立公園 霧島山を中心とする霧島地域、桜島、佐多岬周辺、薩摩半島南岸を中心とする錦江湾地域、そして屋久島を中心とする屋久島地域の3箇所

霧島屋久国立公園(きりしまやくこくりつこうえん)は鹿児島県を中心とする南九州の主要な景勝地に設けられた国立公園です。

霧島山を中心とする霧島地域、桜島、佐多岬周辺、薩摩半島南岸を中心とする錦江湾地域、そして屋久島を中心とする屋久島地域の3箇所で構成されています。

総面積54,833haに及び、年間利用者は1,000万人を超えます。

一帯は霧島火山帯に属し、霧島温泉郷、指宿温泉、屋久島の尾之間温泉など温泉地が豊富にあることから、訪れる人も多いところです。

霧島屋久国立公園の歴史は、

1934年(昭和9年)3月16日、霧島山周辺の東西約22km、面積202km2の領域が霧島国立公園として、瀬戸内海国立公園、雲仙国立公園(現雲仙天草国立公園)と共に日本で最初の国立公園に指定されました。

1964年(昭和39年)3月16日には、錦江湾地域及び屋久島地域が編入されたことにより、現在の公園名となりました。

自然

霧島地域は韓国岳を始めとして、20数座の火山を持ち、火口湖が多いです。

また、シイ、アカマツなどの自然林も豊富に残り、ミヤマキリシマが咲き誇ります。

錦江湾地域は現在もなお、活発な火山活動を続ける桜島、九州で唯一の天然湖である池田湖、優美な山容を誇る開聞岳、海蝕崖が発達した佐多岬をはじめ、世界最北のマングローブ林である旧喜入町のアコウ生息地や陸繋砂州の知林ヶ島など変化に富むところです。

屋久島地域は海岸から宮之浦岳山頂まで見事な植生の垂直分布が確認され、また樹齢3,000年ともいわれる屋久杉が屹立し、また野生動物も豊富に確認されており、生物学上にも貴重であります。


主要な景勝地

霧島地域

韓国岳
えびの高原

錦江湾地域

桜島
佐多岬
長崎鼻
池田湖、鰻池
開聞岳
屋久島地域
屋久島(一部)




posted by tomarigi at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霧島屋久国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。