礼文島 北海道北部、稚内の西方60キロメートルの 日本海上に位置する日本最北の島 東日本海フェリーが稚内及び利尻島との定期航路を運行

礼文島(れぶんとう)は、北海道北部、稚内の西方60キロメートルの 日本海上に位置する日本最北の島です(北方領土を除く)。

礼文水道を挟んで利尻島の北東に位置します。

北緯45度30分14秒、東経141度4分16秒。

面積は81.33km2。

一島一町で礼文町をなしています。

人口は平成17年5月31日現在、約3,433人です。

東日本海フェリーが稚内及び利尻島との定期航路を運行しています。

中心集落である香深(かふか)・船泊(ふなどまり)をはじめ島の東海岸・北部は比較的開けています。

島を縦断する道路は、東海岸のみにある。西海岸は地形が険しく、また西からの強い季節風が年中吹き付けて気候が厳しいため、高い木の生えない荒涼とした笹地が多いところです。

最北部須古頓(スコトン)岬から西岸沿いを縦断するトレッキングコースが整備されています。

冷涼な気候のため、最高峰の礼文岳(490m)から島の西半分にかけてはレブンアツモリソウなどの高山植物が分布し、利尻礼文サロベツ国立公園にも指定されています。

島内の各漁港のテトラポッドの穴釣りでは、30cmから40cm超の黒ソイ・ガヤ・カジカ・アブラコ等がよく釣れます。

ソイ・ガヤなどは夜行性のため、日中より夕方以降の方がよく釣れます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。