サロベツ原野 北海道留萌支庁、天塩郡豊富町・幌延町の海岸線沿いに広がる湿原 ビジターセンターやレストハウスが設けられており、訪れる観光客も多い

サロベツ原野(−げんや)は北海道留萌支庁、天塩郡豊富町・幌延町の海岸線沿いに広がる湿原であります。

独特の植生が豊富に見られることから、一部の区域は特にサロベツ原生花園と呼ばれることもあります。

湿原の規模は200平方kmにも及ぶ広大なものであります。


サロベツ原野サロベツとはアイヌ語の「サルオペツ」(アシの生える川)に因む。

泥炭性の低湿地であり、海岸砂丘とその背後にある宗谷丘陵によって阻まれた潟湖が、泥炭によって埋もれた形成されました。

上サロベツ原野と下サロベツ原野に分かれ、後者は利尻礼文サロベツ国立公園の特別保護地区であり、ペンケ沼、パンケ沼といった沼地が点在します。

2005年11月8日にはラムサール条約の登録地にもなりました。

ビジターセンターやレストハウスが設けられており、訪れる観光客も多いところです。

植生
エゾカンゾウ、ツルコケモモ、ヒメシャクナゲ、エゾリンドウ、ワタスゲ、エゾノリュウキンカ、トキソウなどが初夏〜初秋にかけて見られ、その種類は100種以上にも及びます。


動物
エゾリス、キタキツネ、オオルリ、オオヒシクイなどが見られます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。