十和田湖の歴史 十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖 十和田火山の噴火で形成された二重カルデラ湖

十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖です。

十和田八幡平国立公園内にあります。


所在地 青森県 秋田県
面積 61.1 km²
周囲長 46.0 km
最大水深 327.0 m
平均水深 71.0 m
貯水量 4.19 km³
水面の標高 400 m
成因 カルデラ湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 貧栄養湖
透明度 9.0 m

地理的には、

十和田火山の噴火で形成された二重カルデラ湖です。

現在も活火山として指定されています。

最大深度327mは日本第三位です。

流出河川は奥入瀬川。

胡桃を半分にした形。

湖の中央、御倉山と中山半島の間にある中湖(なかのうみ)とよばれる水域が最深部であり、御倉山の東側の東湖(ひがしのうみ)や中山半島の西側の西湖(にしのうみ)と呼ばれている水域の水深は50〜100mほどであります。

なお、江戸時代より郡の境界が不明確で十和田湖の帰属が決まらないため、青森県と秋田県との境界はいまだに確定しておらず、その分の地方交付税交付金が宙に浮いています。

十和田湖の歴史

十和田湖の原型(外縁)は、約3万年前の十和田火山の大噴火と陥没(第一カルデラ)によってできたと考えられています。

東湖や西湖はこの第一カルデラの一部であります。

さらに約1万年前に十和田カルデラの東南部で噴火によってカルデラ内部に五色岩(または五色台)火山が形成されました。

五色岩火山は初期に玄武岩を噴出し山体を成長させました。

その後、安山岩・デイサイトを経て流紋岩を噴出するようになりました。

それに伴い爆発的噴火が多発し火口を拡大していきました。

そして、5400年前の噴火で火口壁が崩壊し第一カルデラの湖水が火口に流入しました。

これにより中湖ができたと考えられています。

915年(延喜15年)、十和田火山は大噴火を起こしました。

このとき毛馬内火砕流が周囲20kmを焼払ったようです。

この噴火は過去2000年間、日本国内で起きた最大規模の噴火であったと見られます。

この噴火の火山灰は東北地方一帯を広く覆い、甚大な被害をもたらしたと推定されます。

1855年(安政2年)、新渡戸伝(新渡戸稲造の祖父)によって三本木(現・十和田市)開拓が着手されました。

奥入瀬渓流の下流には、その際に作られた十和田市法量(旧十和田湖町法量)から開拓地への水路(稲生川)の取水口があります。

明治時代に和井内貞行によってヒメマスの養殖が成功し、特産物として重要な観光資源になっています。

なお、湖畔の秋田県側の小坂町の生出(通称:和井内)地区には、ヒメマスの孵化場があります。

「十和田湖および奥入瀬渓流」として文化財の特別名勝及び天然記念物に指定されており、1936年、周辺の奥入瀬渓流、八甲田火山群と共に十和田八幡平国立公園に指定されました。

紀行文作家大町桂月はこの湖の美しさについて、「山は富士、湖は十和田湖、広い世界に一つずつ」と評しています。


posted by tomarigi at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 十和田八幡平国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55528616
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 十和田湖十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖。十和田八幡平国立公園内にある。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotat..
Weblog: 日本観光地ガイド
Tracked: 2008-01-29 19:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。