八幡平 広い高原上のあちこちに様々な形の火山起源の小さなピークがそびえ、その間に無数の沼や湿原が点在 八幡平周辺は東北地方でも有数の温泉地帯です

八幡平(はちまんたい)は奥羽山脈北部の山群です。

岩手県、秋田県にほぼ等面積で広がる楯状火山跡であります。

広い高原上のあちこちに様々な形の火山起源の小さなピークがそびえ、その間に無数の沼や湿原が点在します。

最高地点の標高は1613m。

岩手県側の市町村合併で「八幡平市」が新市名に決定した折、「八幡平は秋田のものだ」とクレームがつく騒動がありました。


温泉

八幡平周辺は東北地方でも有数の温泉地帯、特徴のある温泉が多数湧出しています。

頂上近くの藤七温泉や蒸ノ湯温泉(ふけのゆ)のほかに、少し足を伸ばせば火山地獄が見られる後生掛温泉や、北投石で有名な玉川温泉などの名湯があります。

一帯は八幡平温泉郷として、国民保養温泉地にも指定されている。


トレッキングコース
○アスピーテライン頂上駐車場(30分)→八幡沼展望台*1*2(10分)→八幡平頂上(20分)→分岐(10分)→八幡平頂上駐車場<所要約1時間10分>

サブコース

*1=八幡沼展望台(10分)→八幡沼一周(40分)→分岐(10分)→八幡平頂上駐車場
*2=八幡沼展望台(10分)→八幡沼(25分)→源太森(40分)→黒谷地(30分)→茶臼岳(30分)→茶臼口バス停


posted by tomarigi at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 十和田八幡平国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。