天然記念物とは、動物、植物、地質・鉱物、天然保護区域などで、学術上価値の高いものとして国または地方自治体が指定したもの

天然記念物(てんねんきねんぶつ)とは、動物、植物、地質・鉱物、天然保護区域などで、学術上価値の高いものとして国または地方自治体が指定したものです。

動物の場合は生息地、繁殖地、渡来地を、植物の場合は自生地を、鉱物の場合は特異な自然現象を生じている土地を含めて指定されます。

これらの中には、長い歴史を通じて文化的な活動により作り出された二次的な自然も含まれます。

また、天然記念物を含んだ一定の範囲を天然保護区域として区域指定します。

これらのうち特に重要なものは、特別天然記念物に指定されます。

国の天然記念物に指定されたものは、その後荒らされたり、傷つけられたりすることがないように、文化庁長官の許可がなければ、採集したり、樹木を伐採したりできないような規制がかけられます。

また、地方自治体によって指定されたものは、条例によって規制され、天然記念物を守ることが定められています。

しかしながら、天然記念物の指定は本来文化財保護目的である文化財保護法を根拠としているため、生物や環境由来の天然記念物の保護には難点もあります。

たとえば天然記念物に指定されると現状変更の規制に抵触するため学術研究そのものが困難となります。

また逆に、天然記念物に種指定された生物が生息するための生息環境を改変しても、それ自体は文化財たる天然記念物の現状変更には抵触しないため、種の存続を脅かしかねない開発行為などの規制には無力であることが多いです。

なお、同じく貴重な動植物の保存を目的としたものに「種の保存法」があるが、こちらは環境省の所管で、対象となっている種類も異なっています。

国の天然記念物

単に「天然記念物」と言った場合、通常、国が指定する天然記念物を指します。

国が指定する天然記念物は、文化財保護法(1950年)に基づき、文部科学大臣が指定する。所管は文化庁(文化財部 記念物課、文化財鑑査官)。

天然記念物の位置づけは、文化庁が指定する6種の「文化財」のうち、「記念物」を構成する3種の対象の一つであります(他の2つは「史跡」と「名勝」)。建築物を含む美術・工芸品や芸術活動、伝統的な技術・技能などからなる指定文化財のうちでは、特異な存在といえます。

天然記念物は、かつては1919年(大正8年)公布の「史蹟名勝天然記念物保存法」により指定されていました。

後に文化財保護法が制定されて、これを引き継ぎました。

2005年2月1日現在、国の天然記念物は971件指定されているが、このうち75件が特別天然記念物に指定されている(次項参照)。 天然記念物は、その状態などによっては指定を解除されることがあるほか、比較的頻繁に指定が行われるため、その総数には変動があります。


posted by tomarigi at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(2) | 天然記念物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

特別天然記念物
Excerpt: 日本一天然記念物の多い島/島としては沖縄、佐渡についで三番目となるが一つの島で天然記念物の生息する種の数としては、特別天然記念物のアマミノクロウサギを筆頭に9種類の動物が生息しているので、一つの島に生..
Weblog: イタセンパラ わが町の天然記念物
Tracked: 2007-10-29 10:10

天然記念物 動物
Excerpt: 巨木・トチノキ・天然記念物/国内でも有数の巨木ということで国の天然記念物に指定されています。 ・movieを見る ・関連site比婆の自然2・熊野のトチノキ ・広島県北「庄原・三次」観光宿泊ガイド. ..
Weblog: イタセンパラ わが町の天然記念物
Tracked: 2007-11-02 07:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。