知床岬 北海道北東部の観光名所ですねでも一般の観光客は事実上立入りできないです 観光客はウトロ港から出ている観光船、あるいは自然観察船で、海上から望むことになります

知床国立公園

知床岬(しれとこみさき)は、北海道北東部、網走支庁管内斜里郡斜里町遠音別村岩尾別に位置し、知床半島先端としてオホーツク海に面した岬です。

北緯44度20分43秒、東経145度19分47秒。

岬上は標高30〜40mの台地で、周囲は断崖です。

地名はアイヌ語の「シリエトク」(大地の突端)からきたとされる。

1964年、知床半島の中部以北が知床国立公園に指定されました。

中でも知床岬の近辺は特別保護地区として厳重な管理下におかれており、道路や大形船の接岸できる港湾施設の建設が規制されています。

このため、一般の観光客は事実上立入りできないです。

かつては遊漁船による上陸が行われていたが、環境保護の申し合わせにより1984年以降は自粛されています。

観光客はウトロ港から出ている観光船、あるいは自然観察船で、海上から望むことになります。

ウミウ、オジロワシ、オオワシなど天然記念物の野鳥、それにアザラシやトドも棲息しています。

世界遺産に現地時間の2005年7月14日に南アフリカのユネスコ会議にて認定されました。

知床岬灯台は海抜102m、25.5海里です。

初点灯は1963年です。
森繁久彌作詞・作曲の「知床旅情」にも登場します。

南樺太には北知床岬(散江村)と中知床岬(知床村)があります。

岬への訪問について

上記の通り、一般の観光客は事実上立ち入ることができないが、毎年若干名が陸路(海岸沿いまたは山岳ルート)あるいは海路(シーカヤックなど)で岬を訪問しており、その模様をウェブサイトに公開する者もいます。

ただし、陸路の場合は道と呼べるものはなく、十分な登山の装備と経験が不可欠であります。

海路の場合も避難できる港湾施設などは存在しないため、知識と経験が求められます。

これらが伴わない興味本位での訪問は非常に危険であります。

また、これらを備えた場合でも、訪問はすべて自己責任のもとに行われることを留意する必要があります。

若干名とはいえ特別保護区内での活動であるため、自然環境への影響が懸念されています。

このため環境省は2004年に「知床半島先端部地区利用適正化基本計画」を策定し、これに基づいた「利用の心得」を検討中であるります。

また、2006年には「知床半島先端部地区の自然環境保全のために」という呼びかけを発行しており、この中には登山やシーカヤックで半島先端部を訪れる場合の留意事項が記載されています。


posted by tomarigi at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知床国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。