那須火山帯 利尻島から東北地方をとおり那須岳から浅間山へ至る長大火山帯

那須火山帯(なすかざんたい)は、過去に日本の火山を地理的な観点から7つの火山帯に区分したうちのひとつです。

北海道の利尻島から東北地方をとおり那須岳から浅間山へ至る長大火山帯とされ、東北地方部分は奥羽山脈とほぼ一致しています。

主な火山は北から、利尻山、羊蹄山、有珠山、恐山、八甲田山、八幡平、岩手山、駒ケ岳、栗駒山、蔵王山、吾妻山、安達太良山、磐梯山、那須岳、燧ケ岳、高原山、男体山、赤城山などであります。

那須火山帯の西側には平行する鳥海火山帯が区分されています。

現在ではプレートテクトニクス理論に基づき、太平洋プレートの沈み込みに起因する東日本火山帯の一部と解釈され、那須火山帯などの名称は使われなくなりました。

東日本火山帯では、太平洋プレートが沈み込む日本海溝に平行な火山の配列が顕著で、東北地方では4つの火山列が認められます。

そのうちの火山フロントに近い方から2列が、おおよそ那須火山帯に相当します。

北海道の火山は別の区分がされています。



posted by tomarigi at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。