小袖海岸 陸中海岸国立公園の代表的な海岸のひとつ つりがね洞や多くの奇岩・巨岩・岩礁が連なります

小袖海岸(こそでかいがん)は、陸中海岸国立公園の代表的な海岸のひとつであります。

つりがね洞や多くの奇岩・巨岩・岩礁が連なります。

昭和31年に同地区への道路が開通(それまでは徒歩や船で行き来をしていた)し、昭和36年久慈海岸平庭県立自然公園に指定され、昭和46年1月陸中海岸国立公園に編入されました。

北限の海女

明治時代に始まり、生活が貧しく、男性が北海道や遠洋漁業船に乗り組んだ同地方の女性は、海女をして収入源としていました。

太平洋沿岸では千葉以北で海女がいるのはここだけであったため、「北限の海女」と呼ばれるようになりました。

昭和30年頃くらいまでは上半身裸であったが、観光客に注目を浴びるようになってから上着を着るようになりました。

昭和34年作家の水木洋子が女性の生き様を描いたラジオドラマ「北限の海女」(第14回芸術祭芸術祭賞受賞作品)で脚光を浴びるようになりました。


posted by tomarigi at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 陸中海岸国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。