湯滝 湯ノ湖から流れ落ちる滝であります 落差50m、幅25m。 華厳滝、竜頭の滝と並んで奥日光三名瀑の一つ。

湯滝(ゆだき)は、栃木県日光市の湯ノ湖から流れ落ちる滝であります。

落差50m、幅25m。 華厳滝、竜頭の滝と並んで奥日光三名瀑の一つです。

日本百名山のひとつ日光白根山の麓にある湯の湖から流れ落ちます。

湯の湖のほとりには日光湯元温泉があり、湯の湖一帯もあちこちから湯が湧いているが、滝を流れ落ちるのは湯ではなく水であります。

湯滝を流れ落ちた水は日本有数の高層湿原『戦場ヶ原』を流れる湯川となり、竜頭の滝を下って中禅寺湖へ流入します。

湯滝周辺はツツジや石楠花などの名所で、湯元温泉へ通じる道路からも近いことからハイシーズンにはたくさんの観光客が訪れます。

最近の中高年登山ブームで、アクセスの良い湯滝周辺は募集ツアーのコースに組み込まれることが多く、湯の湖周辺でも3桁の通し番号のゼッケンを背腹に表示した大行列がしばしば見かけられます。

所在地 栃木県日光市
落差 50 m
滝幅 25 m
水系 湯ノ湖


posted by tomarigi at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日光国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。