湯ノ湖 北東にある三岳火山の噴火によってつくられた堰止湖 湖畔には 日光湯元温泉があり、五色沢からの水と温泉からのお湯が流れ込んでいます

湯ノ湖(ゆのこ)とは栃木県日光市の西部にある湖です。

北東にある三岳火山の噴火によってつくられた堰止湖です。

湖畔には 日光湯元温泉があり、五色沢からの水と温泉からのお湯が流れ込んでいます。

温泉成分や山からの砂などで水深が浅くなり、湿地化していくかと思われたが1997年に浚渫工事が行われ、危機を乗り越えました。

お湯が流れ込んでいるため、水温が高そうに思われるが水深が浅いため全面結氷する事もあります。

所在地 栃木県日光市
面積 0.32 km²
周囲長 2.8 km
最大水深 12 m
平均水深 - m
貯水量 - km³
水面の標高 1,475 m
成因 堰止湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 -
透明度 - m


posted by tomarigi at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日光国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。