鬼怒川温泉 東京の「奥座敷」と呼ばれ、東京の浅草又は新宿から特急列車で約2時間であります

鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、栃木県日光市(旧下野国)にある温泉です。

関東を代表する箱根と並ぶ、東京の「奥座敷」と呼ばれ、東京の浅草又は新宿から特急列車で約2時間であります。

鬼怒川温泉への交通アクセス

鉄道:東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅または鬼怒川公園駅すぐです。

東武鉄道の特急「きぬ」の運行により、東京方面から多くの観光客が押し寄せました。

2006年3月18日、JR東日本新宿駅〜池袋駅〜大宮駅〜東武鉄道鬼怒川温泉駅間で「きぬがわ」・「スペーシアきぬがわ」が直通運転を開始。東京都西部、埼玉県西部、神奈川県からのアクセスが向上しました(同時に発生した問題は後述)。

車:日光宇都宮道路今市ICより約30分。

泉質

アルカリ性単純泉
単純泉
火傷に対する効能があるとされ、北側の川治温泉とともに「傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と称されました。

鬼怒川温泉の温泉街

鬼怒川温泉駅の南側から、鬼怒川公園駅までの間、鬼怒川沿いの両岸、滝地区と藤原地区に数多くの大型ホテル、旅館の建物が連なります。

歓楽街温泉としても栄えた場所であり、それに伴う飲み屋なども数多く存在していたらしいが、実際に営業している店舗は多くないです。
鬼怒川温泉駅前は旅館業者が兼営するみやげ物店、食堂、売店が散在します。

周辺施設

温泉街の外れには、ロープウェイが存在する。ロープウェイの山頂側の駅近くに温泉神社が存在します。

鬼怒川温泉周辺には日光ワンニャン村、ウェスタン村、東武ワールドスクウェア、日光猿軍団、日光江戸村など人気のアトラクション、ミニテーマパークが多数立地する他に、エーデルワイススキーリゾート、ハンターマウンテン塩原などのスキーリゾート、ゴルフ場なども立地します。

立ち寄り風呂としては、鬼怒川公園内に町営の鬼怒川公園岩風呂(入浴料は大人500円)があります。

また、ほとんどのホテル・旅館で入浴のみの利用も可能となっています。



posted by tomarigi at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日光国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。