秋田駒ヶ岳 8合目まで車道が通り高山植物を観察するファンに人気が高い 環境保護のため早朝から夕方までマイカー規制が取られております

秋田駒ヶ岳(あきたこまがたけ)とは、秋田県仙北市と岩手県岩手郡雫石町に跨る活火山(ランクB)であります。

十和田八幡平国立公園の南端。標高1,637m。

全国に数多い駒ヶ岳のなかで最も高山植物の豊富な山として知られています。


標高 1,637.4 m
位置 北緯39度45分28.4秒
東経140度48分09.2秒
所在地 秋田県仙北市、岩手県岩手郡雫石町
山系 奥羽山脈
種類 活火山

概要

南部片富士と呼ばれる岩手山の片富士側の尾根が乳頭山(岩手県側では、烏帽子岳と呼称・標高1,478m)を経て秋田駒ヶ岳につながっています。

また乳頭山からは山頂が広い湿原となっている小白森と大白森を経て八幡平へ続く尾根が分岐します。

これらの尾根が登山道となっており、間には避難小屋も整備されているので縦走に便利であります。

秋田駒ヶ岳から乳頭山への縦走路から外れたところには千沼ヶ原と呼ばれる大きな湿原があり、秋田駒ヶ岳山頂と比べて訪れるものも少なく、静かなたたずまいを見せます。

標高が低いため正確な意味では高山帯を持たないが、頂上効果によって広大な偽高山帯が発達して、秋田駒ヶ岳高山植物帯として有名であります。

現在も活発な活火山であり、頂上部の地形がが絶えず変形し攪乱を受けることも、偽高山帯が維持される要因となっています。

近隣では愛称をこめた短縮形で「秋田駒(あきたこま)」とも呼ばれます。

観光
8合目まで車道が通り、車で入山できる手軽さから、高山植物を観察するファンに人気が高いが、夏季には観光客が殺到するため、環境保護のため早朝から夕方までマイカー規制が取られており、駒ヶ岳火山防災ステーション(アルパこまくさ)から定時のシャトルバスが発着しています。

麓の乳頭温泉郷は、温泉ファンに人気が高く、混雑する秘湯として全国的に有名であります。

火山活動

細長いカルデラの中に女岳・小岳・南岳の中央火口丘があり、カルデラの外に最高峰の男女(女目)岳があり一等三角点が設置されています。

男岳・横岳はカルデラ外輪山のピークであります。

最近では1970年に女岳が噴火しました。

このとき、女岳の山頂に形成されたスコリア丘から玄武岩質安山岩の溶岩流が発生しカルデラ内を約500m流下しました。




posted by tomarigi at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 十和田八幡平国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。