日本百名山について

『日本百名山』(にほんひゃくめいざん)は登山家、文筆家であった深田久弥の著書名。

1964年刊行です。

日本列島の山から百座選び、それぞれの山を主題として百の随筆を記したものであります。

日本の山の中から名山を選定することは、江戸時代から行われており、谷文晁は「日本名山図会」において90の山を名山としてあげたが、その山の中には伊勢朝熊山や房総半島の鋸山など、標高の低い山も含まれ、標高が高い日本アルプスからはわずか3座という編集でありました。

深田はこの選定に飽き足らず、日本国中の多数の山に登った上で、品格・歴史・個性を兼ね備え、かつ例外を除いて標高1500メートル以上の山という基準を設け、日本百名山を選定したのであります(しかし筑波山は標高877mだが、古くからの歴史があるため)。


一部の人(山歩きが好きでかつ読書家)以外には、ほとんど知られることもなかったこの『日本百名山』が人々が関心を抱くようになったのは、徳仁親王の愛読書であることが報道されたのがきっかけと言われてます。

親王は自身が日本山岳会会員でもあるほどの登山愛好家であり、『日本百名山』の各峰を登頂することを夢としていると伝えられました。

おりしも、1980年代頃から中高年の登山ブームが起こっていた。登山といってもロッククライミングを含むような本格的なものではなく、ハイキング・トレッキングに近い山行だが山小屋や登山道の整備、登山用具の性能向上によって、以前は難路とされたコースへの登山も可能になっていました。

このような状況下で、『日本百名山』が広く読まれるようになり、登る山を『日本百名山』から選ぶ人も増えてきました。

さらに徳仁親王にならって『日本百名山』にとりあげられた全山へ登頂することを目標にする者も多く現れました。


それに拍車をかけたのがNHKの登山番組であります。

同局は衛星放送において百名山一つ一つを取り上げたドキュメンタリー「深田久弥の日本百名山」、百名山に岩崎元郎・みなみらんぼうらが登る登山入門番組「中高年のための登山入門」を放映し、これらが高い人気を博したため、百名山は一般人にも広く知られるようになったのであります。

その後、百名山ブームにあやかってか、日本二百名山・日本三百名山、あるいは各地の百名山・花の百名山などさまざまな名山一覧が登場しています。

これらの百名山と区別するために、特に「深田百名山」と呼ぶこともあります。

2007年7月、島津康一郎が日本百名山を48日間で連続踏破し、それまで平田和文が2002年に達成し、保持していた66日間という最短記録を更新しました。


前に述べたようなブームにより、明らかに『日本百名山』に掲載された山への登山者の集中が起こっているようであります。

登山者の増加は、山小屋や登山道の整備のきっかけとなり、年々、快適な山行が楽しめるようになることが多いです。

その反面、登山者を呼び込めなくなった山は、道の荒廃などが進んでいます。

また、登山者の増加は、自然環境の破壊にもつながるという深刻な問題もあります(特に大規模な山小屋の廃棄物等)。

静かな山行を好む人のなかには、百名山ブームに乗った「登山ツアー」を迷惑視し、『日本百名山』を嫌悪する人もいます。

昨今は「中高年の登山ブーム」が再燃し、一部の無謀な登山者が自身の力量を十分考慮しないまま百名山への登頂だけを目的としているため、簡単に遭難したり、安易に救助要請をおこなうなどの問題が多くなってきています。

なお、最も早く百名山ブームを批判したのは本多勝一であるとされています。

本多の批判はいかにも本多らしい感情的で主観的な一方的攻撃に終始したため同調者は少ないです。

これらの弊害の責任が深田に無いことは言うまでもないが、よかれと思って自然を紹介することの難しさを感じさせる部分はあります。

『日本百名山』の評価

山の随筆としてみた『日本百名山』は、近代以降の日本の山の随筆ウォルター・ウェストンの『日本アルプスの登山と探検』や、小島烏水・志賀重昂・串田孫一・冠松次郎などの随筆に比べて、一座あたりの文章量が少ないです。

文章内容は、その山についての歴史や特に山の名称の由来に多く行数を割いており、山登りの追体験を味わうための山行記録や山の自然について触れたものではないです。

『日本百名山』が広く受け入れられ、ロングセラーとなった理由は、古くから信仰の対象になっていた山を中心に100座選んだからとも考えられています。

掲載の山の選定について

大山掲載の山の選定については、日本列島の山を100座選ぶ際の価値基準は各人によって異なるため以前から異論が多くあります。

『日本百名山』は、特に中部山岳地帯に偏っているという指摘は多いです。

石川県出身の深田は加賀白山を幼少の頃からみて育ったと記しているが、白山より西の山はあまり愛着がわかなかったとみられ、選ばれたのはわずか13座であります。

百名山の選定基準は、山の「品格」「歴史」「個性」の3つだったといいます。

しかし、品格・個性はみる者の主観による、歴史ならば近畿一円の山にこそ多く伝説が伝わっていわれ、また標高877m(当時は876m)の筑波山が選ばれるのであれば、各地で地元のこの山をこそ選ばれるべき、と主張する山の愛好家も多いです。

深田もこのような指摘が続出することは百も承知であったため、著書の「後記」において、候補に挙げながらも削った山々が多数あることを記し、「主観によって選んだものであるから妥当とはいえない。

今後意見を聞いて差し替えたい」と記しています。












posted by tomarigi at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。