九十九島 南九十九島は遊覧船「パールクィーン」が佐世保市鹿子前(かしまえ)の西海パールシーリゾートから出航している他、シーカヤックやヨット等のマリンスポーツも盛んです

九十九島(くじゅうくしま)は、長崎県の佐世保市、鹿町町、平戸市にかけての北松浦半島西岸に連なるリアス式海岸の群島であります。

島の総数は現在公式には208とされています。

これは佐世保市等による「九十九島の数調査研究会」の調査によるものであるが、島の定義等により異説もあります。

途中の佐々川河口を境として北側を「北九十九島」、南側を「南九十九島」と呼ぶことがあります。


九十九島

佐世保市鹿子前の住宅街からも臨むことができる全域が西海国立公園に指定されており、南九十九島は遊覧船「パールクィーン」が佐世保市鹿子前(かしまえ)の西海パールシーリゾートから出航している他、シーカヤックやヨット等のマリンスポーツも盛んである。

また、カキの生産地(天然・養殖とも)でもあり、冬場には地元漁協によるイベントも行われます。

佐世保市は9月19日を「九十九島の日」としており、この日前後に西海パールシーリゾートで「九十九島の祭典」を開催しています。

主な展望所

弓張岳(佐世保市)

展海峰(佐世保市)

冷水岳公園(佐世保市小佐々町)

長串山公園(鹿町町) ツツジの名所です。

動植物

カブトガニ

カノコユリ 佐世保市の市花。

トビカズラ 日本国内では熊本県山鹿市菊鹿町と九十九島のトコイ島だけに自生しています。

その他

1963年から1968年まで「九十九島」を愛称とする準急列車・急行列車が博多駅〜長崎駅(筑肥線・松浦線・大村線経由)に運転されていました。

同列車は1968年10月ダイヤ改正で「平戸」(1988年廃止)に改称されたが、その後2001年になって佐世保市で翌年の市制100周年に合わせて佐世保線の特急列車「みどり」の列車名を「九十九島」に改称しようという市民運動が起こり、市内を中心に署名を収集してJR九州へ提出しました。

しかし2006年現在まで改称は実現していないです。

なお、高速バスにおいては西鉄高速バス・西肥バスにより北九州(砂津)〜佐世保(佐世保駅前)間に「九十九島号」が現在も運行されています。






posted by tomarigi at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西海国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。