トムラウシ山 「大雪の奥座敷」山頂に溶岩ドームがあり、ふもと(新得町)にはトムラウシ温泉があります 登山ルートは新得町からのもの、天人峡からのもの、北から白雲岳、忠別岳を経る縦走路などがある

トムラウシ山(とむらうしやま)は北海道中央部、上川管内美瑛町と十勝管内新得町の境にそびえる、大雪山のピークの一つの山です。

「大雪の奥座敷」と称されています。

標高2,141m。

トムラウシとはアイヌ語で「花の多いところ」を意味するとも、「水垢が多いところ」の意だともいわれます。

30〜10万年前に活動した火山で、山頂に溶岩ドームがあり、ふもと(新得町)にはトムラウシ温泉があります。

登山ルートは新得町からのもの、天人峡からのもの、北から白雲岳、忠別岳を経る縦走路などがあるが、かなり奥深い山であるため、最短ルートの新得町からのルートを用いても山頂まで6時間はかかり、小屋などの設備も少ないため、登頂にはそれなりの経験が求められます。

しかし、奥深い山である故に、広大なお花畑や湖沼などの大自然が荒らされることなく残されており、多くの登山者が憧れてやまない存在であります。

ことに、上記の北から縦走してくるルートは、大雪山系の雄大さを余すところなく堪能できる日本屈指の名ルートであります。

宿泊施設としては、山頂の北へ約2時間ほど下ったところにあるヒサゴ沼に無人の小屋があるが、夏場は込みあうこともあり、テントを持参する方がどちらかというと賢明と言えます。
posted by tomarigi at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大雪山国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。