海食洞 海岸段丘の地形によく見られる波浪の浸食による洞窟

海食洞(かいしょくどう、sea cave)とは海岸段丘の地形によく見られる波浪の浸食による洞窟。

主に、海岸に打ち寄せる波により形成されています。

崖に断層や割れ目などの比較的弱い部分が存在すると、侵食が早く進むために形成されます。

大きなものでは人が居住できるほどのスペースを持った物もあり、古代の生活跡が残されている場合もあります。

これらの場合、その多くは隆起により満潮の水位より上に洞窟が持ち上がった物が殆どであります。

水面近くに形成される物は、干満の具合により、波が来るたびに海水を中の空気と一緒に吹き出す事があります。

これを潮吹き穴と呼びます。

また、海岸が沈降した場合、海底洞窟ともなります。

海食洞の中には岩を貫通し、トンネル状になった物も見られます。

海食洞の事例
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクルズ北部の海食洞
イタリアカンパニア州ナポリ県カプリ島の青の洞窟
秋田県男鹿市の大桟橋(だいさんきょう)
岩手県陸中海岸の海食洞群
茨城県日立市東滑川町の海食洞
神奈川県三浦市の雨崎海食洞
神奈川県藤沢市の江ノ島にある弁天窟
千葉県館山市の布良海食洞(県天然記念物)
静岡県西伊豆町堂ヶ島の海食洞(洞窟めぐり遊覧船あり )
福井県南越前町の玉川海食洞
京都府丹後町の穴文殊
鳥取県羽合町橋津周辺の海食洞
三重県志摩市大王町の潮吹き穴
徳島県・高知県の室戸阿南海岸の通り岩
熊本県三角町の一号橋下海食洞
福岡県志摩町の芥屋大門(けやおおと)
宮崎県日南市の鵜戸神宮
大分県日豊海岸の海食洞群


posted by tomarigi at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雲仙天草国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。