由布岳 トロイデ型の活火山 周辺には豊富な湧出量を誇る別府温泉郷や由布院温泉、全国屈指の酸性泉である塚原温泉を始めとする温泉群が点在し、活火山であることを実感できます

由布岳(ゆふだけ)は、大分県由布市にあるトロイデ型の活火山です。

東峰と西峰2つのピークからなり、標高は1,583m(西峰)。円錐形をしていることから豊後富士と呼ばれています。

古来より信仰の対象として崇められ、『古事記』や『豊後国風土記』にもその名が登場します。

宇奈岐日女神社(式内社)の祭神であり、また、山岳仏教信仰の山としてかつては中腹に佛山寺(湯布院町)の伽藍がありました。

阿蘇くじゅう国立公園に指定されており、山頂からは日本百名山の九重山、祖母山、阿蘇山などが見え、天候がよければ英彦山(福岡県)、雲仙岳(長崎県)まで見渡すことができます。

頂上付近になるにつれて草木はまばらになるが、山頂にはミヤマキリシマも多く山麓の草原にはヒゴダイ、マツムシソウも多いです。

周辺には豊富な湧出量を誇る別府温泉郷や由布院温泉、全国屈指の酸性泉である塚原温泉を始めとする温泉群が点在し、活火山であることを実感します。

特に由布院温泉では、温泉が点在する盆地内のほとんどの場所からその姿を見ることが出来るため、この地のランドマーク的な存在となっています。

ドラマ風のハルカにおいても、その役割を果たしました。

深田久弥が日本百名山に入れなかったことを後悔した山といわれ、最近になって新百名山に選定されました。

また、日本二百名山のひとつであります。


標高 1583.3 m
位置 北緯33度16分56秒
東経131度23分24秒
所在地 大分県由布市
山系 独立峰
種類 活火山ランクC


posted by tomarigi at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阿蘇くじゅう国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。