大船山 標高1,787.1m 頂上近くには御池、米窪、段原の3つの火口跡があり 山腹にはミヤマキリシマの群落が見られ、「大船山のミヤマキリシマ群落」として国の天然記念物に指定

大船山(たいせんざん)は、大分県竹田市(旧久住町)にあり九重連山を形成する火山です。

標高1,787.1m。

北大船山などととも九重連山の東部に大船山系と呼ばれる山塊をなし、坊ガツルを挟んで西側の久住山、三俣山等からなる久住山系と対峙します。

標高もほぼ同じ久住山と並ぶ九重連山の主要峰であり、九重連山の山開きは久住山と大船山で交互に行われています。

頂上近くには御池、米窪、段原の3つの火口跡があり、このうち御池は円形の火口湖となっています。

また、山腹にはミヤマキリシマの群落が見られ、「大船山のミヤマキリシマ群落」として国の天然記念物に指定されている。

大船山
標高 1,787.1 m
位置 北緯32度05分42秒
東経131度16分50秒
所在地 大分県竹田市
山系 九重山系


posted by tomarigi at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阿蘇くじゅう国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。