高千穂峰 標高は1,573メートル 高千穂峰は都城盆地他平野部から直接望まれ、都城盆地にしばしば発生する雲海に対し山頂部が島に見えることから霧島の名の由来ともなったとされます

高千穂峰(たかちほのみね)は、宮崎県と鹿児島県の県境に位置する複合火山です。

標高は1,573メートルで、霧島連峰の第二峰です。

典型的なコニーデ型の主峰に、西部に活火山である御鉢(おはち)、東部に二ツ石の側火山を持った美しい山容を示し、霧島屋久国立公園に属します。


名所であるためか行政境界が入り組んでおり、宮崎県小林市、西諸県郡高原町、都城市の境界部に鹿児島県霧島市(旧姶良郡霧島町)が御鉢の部分で割って入る形となっており、さらに、都城市と高原町の境界は高千穂峰をめぐって未定となっています。

霧島連峰の第一峰である韓国岳が山塊中の一峰であるのに比べ、高千穂峰は都城盆地他平野部から直接望まれ、都城盆地にしばしば発生する雲海に対し山頂部が島に見えることから霧島の名の由来ともなったとされます。

天孫降臨神話の地とされており、山頂にある青銅製の天之逆鉾が御神体として崇められています。

自然

更新世の安山岩で構成された比較的新しい火山であります。

山頂は溶岩ドームをなし、火口が塞がっています。

一方、御鉢は直径東西約550メートル、深さ約200メートルの火口があり、1913年にも噴火を起こしました。

二ツ石は浸食が進み、火口の地形がほとんど残っていないです。

山麓は、常用広葉樹による森林が生い茂るが、中腹以上は活発な火山活動のため岩肌がむき出しになる険しい地形となっています。



東麓にある火山湖の御池(みいけ)周辺はヤイロチョウ、ブッポウソウなどの野鳥が飛来します。


posted by tomarigi at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霧島屋久国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。