大浪池 古くは大波池とも呼ばれています 鹿児島県霧島市の北東部、霧島山にある直径630m、周囲約2km、ほぼ円形の火口湖 常時水を湛える火口湖としては日本で最も高い場所にあります

大浪池(おおなみのいけ、おおなみいけ)は、鹿児島県霧島市の北東部、霧島山にある直径630m、周囲約2km、ほぼ円形の火口湖です。

古くは大波池とも呼ばれています。

霧島山の火山活動によって約4万年前に形成された火口の跡に水がたまってできました。

この火口から噴出した大量の軽石が周辺の地層に残されており、イワオコシ軽石と呼ばれています。

池の水深は11.6m、水質は強い酸性で、透明度が高いため池底まで見通すことができます。

池から流出する川はないです。

池を擁する火山の標高は1412m、水面の標高は1241mであり、常時水を湛える火口湖としては日本で最も高い場所にあります。

冬期には結氷します。

霧島市と宮崎県小林市とを結ぶ県道にあるバス停からの登山道(片道約40分)と、火口の尾根を巡って池を一周する登山コース(一周約40分)が整備されています。

神龍が住むという伝説があります。

大浪池の名称の由来については池面に波が立つ様子から名付けられたとの説に加えて次のような伝説があります。

近くの村に子供のいない夫婦がおり、山の神に祈ったところ女の子を授かり「お浪」と名付けました。

美人であったため18歳になったとき結婚の申し込みをいくつも受けたが断り続けました。

ある夜、彼女は山の池に飛び込み実は竜神の化身だったというもので、「お浪の池」がやがて「大浪の池」と呼ばれるようになったといわれています。

所在地 鹿児島県霧島市
面積 0.25 km²
周囲長 1.90 km
最大水深 11.6 m
平均水深 - m
貯水量 - km³
水面の標高 1241 m
成因 火山湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 酸栄養湖





posted by tomarigi at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霧島屋久国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。