長崎鼻 国東半島北部の先端近くに位置 岬からは近くに姫島、遠くに四国、中国が眺望できます 大分県の天然記念物に指定されるとともに、大分百景のひとつにも選定されています

長崎鼻(ながさきばな)は、大分県豊後高田市香々地(旧香々地町)にある岬です。

全国に多数ある長崎鼻と区別するために香々地長崎鼻(かかじながさきばな)とも呼ばれています。

概要

国東半島北部の先端近くに位置し、周防灘に面しています。

岬からは近くに姫島、遠くに四国、中国が眺望できます。

リアス式の海岸は海食崖となっており、岬の先端部には約20の海食洞があります。

この洞穴群は、大分県の天然記念物に指定されるとともに、大分百景のひとつにも選定されています。

洞穴の最大のものは行者洞窟と呼ばれており、役行者、不動明王、蔵王権現が祀られ、古くは修験道の修行の地であったといわれています。

また、長崎岩屋と呼ばれる洞穴は、天井部が抜けて穴状になっており、歩いて降りることができます。

一帯は長崎鼻リゾートキャンプ場として、人工の海水浴場や、ログハウスやバンガローを備えるキャンプ場が整備されています。

また、岬の先端には香々地灯台が立っている。



posted by tomarigi at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霧島屋久国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。