池田湖 標高は66m、深さは233m 九州最大の湖であります 湖には体長2m級の大ウナギが生息しています 池田湖を含む窪地地形は池田カルデラと呼ばれています

池田湖(いけだこ)は、鹿児島県の薩摩半島南東部にある直径約3.5km、周囲約15km、ほぼ円形のカルデラ湖です。

九州最大の湖であります。

湖面の標高は66m、深さは233mで、最深部は海抜-167mとなります。

湖底には直径約800m、湖底からの高さ約150mの湖底火山があります。

池田湖を含む窪地地形は池田カルデラと呼ばれています。

約5500年前、阿多カルデラに関連した火山活動があり、合計約5km3の軽石や火山灰を噴出しました。

噴出物の抜けた後に地面が落ち込むことによって池田カルデラが形成され、カルデラの底に雨水が溜まることによって池田湖が形成されました。

ほぼ同時期に山川湾、成川盆地、鰻池、池底、松ヶ窪などの地形も形成されており、これらの噴火口群とともに池田山川としてランクCの活火山に指定されています。

池田湖は古くは開聞の御池または神の御池と呼ばれており龍神伝説があります。

開聞岳の噴出と池田湖の陥没が連動して起きたという俗説があるが、地質学的観点では両者の活動時期に1000年以上の時間差があり、池田カルデラの大きさに見合う火山噴出物(池田湖テフラ)が周辺の地層に残されていることなどから、直接的な因果関係はないとされています。

1929年(昭和4年)の観測では透明度26.8mと当時世界第7位であったが、その後、生活排水や工業廃水の流入などによって汚染が進み、1983年(昭和58年)には赤潮が発生するに至りました。

このため「池田湖ブルー化計画」が策定され水質改善の活動が進められています。

湖には体長2m級の大ウナギが生息しています。

また、謎の生物がいるといわれており、ネス湖の未確認生物を「ネッシー」というのと同様、「イッシー」と呼ばれています。

このほか、出現時期から池田湖に放流された大型魚、ハクレンの群の魚影の誤認ではないかとも言われるが真偽は不明であります。

所在地 鹿児島県指宿市
面積 10.90 km²
周囲長 15.00 km
最大水深 233 m
平均水深 - m
貯水量 - km³
水面の標高 66 m
成因 火山湖
淡水・汽水 淡水


posted by tomarigi at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霧島屋久国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。