佐多岬 九州本島の最南端 鹿児島県肝属郡南大隅町佐多馬籠に位置し、大隅海峡に面する岬 かつては陸の孤島だったが、1960年代より国立公園指定、道路の開通など観光開発が進みました

佐多岬(さたみさき)は、鹿児島県肝属郡南大隅町佐多馬籠に位置し、大隅海峡に面する岬です。

北緯30度59分10秒、東経130度39分42秒。大隅半島のみならず、九州本島の最南端にあたります。

霧島屋久国立公園に含まれています。

四国最西端の佐田岬(さだみさき)と字や読みが似ているので注意が必要。

地理的のは、

岬の北約600mの所を北緯31度線が通過しており、緯度だけで言うならばニューデリーやカイロと同緯度であります。

北東から伸びてきた大隅半島が細まり海へと没する地点で、岬の先にもしばらく岩礁が続きます。

中生代の砂岩や頁岩が互層を成した海食崖が見られます。

岬の東方に枇榔島(びろうじま)が、岬から岩礁を隔てて南方100mに大輪島(おおわじま)が浮かびます。

大輪島には1871年(明治4年)初点灯の佐多岬燈台が立っています。

海抜60m、光達21.5海里。

初代の建物は、明治初期の日本で多くの灯台を手がけた英国人リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計だったが、太平洋戦争で空襲を受けたため、1950年に再建されました。

かつては陸の孤島だったが、1960年代より国立公園指定、道路の開通など観光開発が進みました。

一帯に群生するソテツは「鹿児島県のソテツ自生地」として国の特別天然記念物に指定されています。

他にもハマユウ、ビロウなどの亜熱帯植物が自生しています。

佐多岬への交通アクセス

国道269号

鹿児島県道68号鹿屋吾平佐多線

鹿児島県道566号佐多岬公園線(佐多岬ロードパークウェイ、自動車専用道路)

2007年4月25日をもって佐多岬ロードパークは廃止、翌26日より第1料金所から第2料金所までの約6qの区間を町道として南大隅町へ移管されました。

これにより全線が無料化、自転車や歩行者でも通行可となりました。

その他

第二区間から先の入園時間は8:00から17:00まで(季節や連休などの時期によって変動する場合あり)

車道終点の駐車場から、トンネルをくぐって岬先端に至る遊歩道は有料です。

大人(中学生以上)300円/人

子供(小学生)150円/人

幼児 無料

展望台利用料金・小学3年生以上200円/人

※料金および開園時間は平成19年4月26日現在

展望台へは徒歩以外不可能であり一切バリアフリー対策は執られていないです。

また、展望台の周囲は金網で囲まれている為写真撮影には適さない状態です。

佐多岬ロードパークウェイを通らずに、海岸線を徒歩で行くルートを示した斉藤政喜(シェルパ斉藤)の手記が小学館の旅行雑誌『ビーパル』(BE-PAL)2002年10月号に掲載されました。

大泊(佐多岬ロードパークウェイ入口)−佐多岬間を結ぶバス(大隅交通ネットワーク)があったが、2006年11月8日に廃止されました。


posted by tomarigi at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霧島屋久国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。