桜島フェリー 鹿児島市船舶部が運営 鹿児島県鹿児島市の鹿児島港(桜島フェリーターミナル)と桜島港との間を結ぶフェリー

桜島フェリー(さくらじまフェリー)は、鹿児島県鹿児島市の鹿児島港(桜島フェリーターミナル)と桜島港との間を結ぶフェリーです。

鹿児島市船舶部が運営しています。

概要

桜島は1914年(大正3年)の大噴火によって大きな被害を受け、災害復興や教育振興(通学)のために鹿児島市街地と桜島とを結ぶ定期航路を望む声が上がりました。

このため、当時の西桜島村(その後の桜島町、現在は鹿児島市)が1930年(昭和5年)頃より準備を始め、1934年(昭和9年)11月19日より運航を開始ししました。

開通時の運賃は片道10銭から15銭でありました。

その後、次第に便数を増やし、現在では昼間最短10分間隔、夜間60分間隔の24時間運航を行っており、約3.5kmの距離を13分で結んでいます。

2004年において年間延べ550万人の乗客と164万台の車両を航送しています。

桜島の噴火災害に備えて、桜島の各所にはフェリーが着岸できる場所が設けられており、災害発生時に住民の避難に利用できるよう準備が整えられています。

平成5年8月豪雨においては竜ヶ水地区に孤立した住民などの救助に参加しました。

当時、竜ヶ水地区にはフェリーが着岸できる場所がなかったため、地元の小型漁船の協力を必要としました。


posted by tomarigi at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霧島屋久国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。