新屋島水族館 瀬戸内海国立公園 香川県高松市屋島東町にある水族館です 標高約300mの屋島山上にある全国でも珍しい水族館 2006年7月現在魚類を中心に286種類の動物を飼育 イルカやアシカのショーが日に4〜5回行われている

瀬戸内海国立公園

新屋島水族館(しんやしますいぞくかん、英称:New Yashima Aquarium)は、香川県高松市屋島東町にある水族館です。

標高約300mの屋島山上にある全国でも珍しい水族館であり、2006年7月現在魚類を中心に286種類の動物を飼育しています。

新屋島水族館は、1969年に四国電力の子会社などが出資し、屋島山上水族館(やしまさんじょうすいぞくかん)として開館しました。

運営は、高松琴平電気鉄道の関連会社である株式会社屋島水族館が行っていたが2006年9月30日限りでいったん閉館しました。

10月1日付けでせとうち夢虫博物館株式会社に事業売却され、整備改修後、12月23日に「新屋島水族館」として営業再開しました。

せとうち夢虫博物館は、世界的水槽メーカーの日プラの子会社で、本水族館は日プラの最初の納入先であるいわば同社の事業の原点であることから経営を引き継ぐことを決めました。

今回の改修の目玉は回遊プールの新設で、このプールは、直径10m・地上部分2.2m・地下部分2.2mで、2頭のカマイルカを360°継ぎ目なく観ることが出来きます。

また、バンドウイルカのペアも隣のプールで観ることが出来きます。

前身 屋島山上水族館
専門分野 総合
事業主体
管理運営 せとうち夢虫博物館株式会社
開館 2006年12月23日
所在地 〒
香川県高松市屋島東町1785-1

ショータイム

イルカやアシカのショーが日に4〜5回行われているが曜日によって違ういます。

ショーの途中には「ふれあいコーナー」があり、選抜で餌を与えることもできます。


車で行く場合は屋島ドライブウェイ(有料道路)を通る必要があります。

当水族館開館に併せ、琴電屋島駅〜屋島山上間のシャトルバスが開設されました。

当初は土曜・休日のみの運行であったが、好評のため2007年4月1日よりJR屋島駅に乗り入れ、毎日運行となりました。

入館料は大人1200円、中学生・高校生700円、小学生・3歳以上の幼児500円、65歳以上の高齢者700円。屋島山上水族館時代よりも中学生と3歳以上の幼児が値上げ、高齢者が値下げとなりました。



posted by tomarigi at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 瀬戸内海国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59568115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。