鞆の浦 沿岸部と沖の島々一帯は「鞆公園」として国の名勝に指定 瀬戸内海国立公園において最初に指定された地区

鞆の浦(とものうら)は、広島県福山市の沼隈半島の先端にある港町であります。

沿岸部と沖の島々一帯は「鞆公園」として国の名勝に指定されています。

鞆の浦周辺は1934年に制定された瀬戸内海国立公園において最初に指定された地区であります。

そのため指定当時の記念切手や絵葉書には鞆の風景が描かれています。

瀬戸内海の海流は満潮時に豊後水道や紀伊水道から瀬戸内海に流れ込み瀬戸内海のほぼ中央に位置する鞆の浦付近でぶつかり、逆に干潮時には鞆の浦を境にして東西に分かれて流れ出しています。

つまり鞆の浦を境にして潮の流れが反対になっているわけで、このような地理的条件から大伴旅人などによる万葉集に詠まれるように、古代より潮待ちの港と知られています。

平安時代には最澄により静観寺、空海により医王寺が創建されるなど山陽地方における布教の拠点となっており、その繁栄ぶりが伺えます。

しかし、南北朝時代には北朝と南朝の間で鞆でも幾度も戦闘があり、静観寺五重塔などの貴重な文化財が失われました。

戦国時代には毛利氏によって鞆城が築かれ備後国の拠点のひとつとなり、室町幕府15代将軍足利義昭は、織田信長により京を追放された後、毛利氏の庇護のもと鞆の浦にとどまり信長打倒の機会を窺った。

この事から「鞆幕府」という呼び名もあります。

また、足利尊氏の最初の拠点として室町幕府成立のきっかけを作り尊氏はこの地で光厳院からの院宣を受取った事から”足利(室町幕府)は鞆で興り鞆で滅びる”という言葉もあります。

江戸時代には福山藩の奉行所が置かれていました。

また、朝鮮通信使の寄航地にもなり、通信使代表の李邦彦は「日東第一形勝」(朝鮮より東の世界で一番風光明媚な場所の意)と賞賛しました。

しかし、このころには航海技術の発展により鞆の浦で潮待ちをする必要性は薄れ、備後地方の港湾拠点は尾道に大きく傾いていた。近代になるとその傾向はますます強まり、鞆軽便鉄道の開通により陸上交通の利便性は向上したものの、現在では商船の出入りは殆ど無く(連絡船を除けば)ほぼ漁港として用いられるのみであります(尚、鞆軽便鉄道は1954年に廃止されました)。

だが、このことが開発の波に飲まれることなく古寺が数多く点在する古い街並みをとどめることになりました。

ただし、後述するように現在架橋を始めとする再開発計画が進んでおり、鞆の浦の町並みは大きく姿を変える可能性が高くなっています。

宮崎駿が過去に社員旅行で訪れた鞆の浦を気にいり2005年春、一軒家を借り切って2ヶ月間滞在し自炊生活をしながら散策する毎日をおくりました。

ここで得た構想を元にしたものが『崖の上のポニョ』として映画化が決定、『ハウルの動く城』以来の劇場公開作として2008年夏公開予定です。

鞆の浦の島

仙酔島 - 海食洞が広島県指定天然記念物
つつじ島
皇后島
弁天島
玉津島
津軽島

名所・旧跡・名産品
鞆公園 - 国の名勝
鞆港
御膳山
ささやき橋
保命酒
平賀源内生祠 - 広島県指定史跡
岡本亀太郎本店の門構 福山城の城門を移築-福山市指定重要文化財
鞆七卿落遺跡 - 広島県指定遺跡
太田家住宅・朝宗亭 - 国の重要文化財
いろは丸展示館 - 登録有形文化財
常夜灯 - 通称「とうろどう」
力石 - 福山市指定重要文化財
鞆城跡 - 福山市指定史跡
鞆の浦歴史民族資料館
鞆の津の商家 - 福山市指定重要文化財
いろは丸事件談判跡
対潮楼~朝鮮通信使の迎賓施設として使われた
大可島城跡 - 福山市指定史跡
坂本龍馬宿泊跡
対仙酔楼
山中鹿之助首塚(鞆町)


posted by tomarigi at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 瀬戸内海国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。