福山城 日本100名城に選定 福山城への交通アクセス

福山城(ふくやまじょう)は日本の城です。

所在地は広島県福山市丸之内一丁目。別名・久松城、葦陽城。国の史跡です。

2006年2月13日、日本100名城に選定されました。


再建天守
通称 久松城、葦陽城

城郭構造 輪郭式平山城

天守構造 複合式層塔型

築城主 水野勝成

築城年 1622年

主な改修者 阿部氏

主な城主 水野氏、松平氏、阿部氏

廃城年 1874年

遺構 櫓・門・鐘楼、石垣

位置 北緯34度29分27.74秒
東経133度21分40.04秒

輪郭式平山城です。

江戸時代は備後福山藩の藩庁であり藩主の居城であった。かつては二重の堀や瀬戸内海へ抜ける入江(入川)があったが現在は全て埋め立てられています。

石垣は本丸・二の丸の一部と三の丸のほとんどが取り払われるか埋められています。

二の丸南側に隣接してJR福山駅があり新幹線や福塩線のホームよりすぐ近くに城が望めます。

現存する建造物として伏見櫓、筋鉄御門(共に国の重要文化財)、鐘櫓(鐘楼部が福山市指定重要文化財)があります。

第二次世界大戦前に国宝であった天守と御湯殿は、昭和20年(1945年)8月8日、米軍の空襲(福山大空襲)により焼失しました。

現在の天守は昭和41年(1966年)に月見櫓、御湯殿と同時に再建されたものであります。

天守内部は福山市立「福山城博物館」となっていて天守最上階の回縁からは市街を360度見渡せ晴れた日には瀬戸内海を望むこともできます。

福山城博物館

昭和41年(1966年)に再建された福山城天守内は博物館となっています。

展示品は歴代藩主の遺品や福山の歴史と文化に関する資料を中心としており、貴重なものも数多い。ただし、展示内容は博物館の設立から40年以上殆ど変えられず展示方法や解説など時代を感じさせるものもあります。

撮影は最上階の展望台を除き禁止されています。

また、館内は空調がなくエレベーターも設置されていないため夏場は汗の対策をしておいた方がよい(一応、各所には扇風機が設置される)。

ちなみに、自動車で来訪の際は西側(博物館北)駐車場を利用すれば受付で駐車券を提示して1時間無料になります。

なお、かつては北側の駐車場が無料で便利であったが、こちらは近年閉鎖され利用できなくなっています。

開館時間 - 9:00〜17:00(入館は16:30まで)

休館日 - 月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日〜12月31日

入館料 一般 200円 (※ 160円) 高校生以下、無料

(※は団体20名以上の場合)☆ 特別展の観覧料は異なります。

観光

[編集] 所在地
〒720-0061 広島県福山市丸之内1丁目8番

開園時間・休園日・入園料

福山城公園のうち本丸部分は夜間に閉鎖されています。

二の丸・三の丸部分は基本的に24時間入園可能であるが、夜間の二の丸帯曲輪部分は薄暗く人気も少ないためか、同性愛者の溜り場として地元民に知られているなど、通行は避けた方が無難であります。

また、城の北側を横断する道路は近年までナンパスポットとして特に週末になると若者が集っていたが、これに対して近隣住民から苦情が相次ぐなど問題視され平成16年(2004年)12月から夜間(23:00〜6:00)通行止めにされています。

開園時間 - 6:00〜22:00(本丸)
休園日 - なし
入園料 無料

周辺情報としては

賢忠寺

水野家菩提寺・曹洞宗・市内若松町・水野家初代藩主水野勝成、3代勝貞、4代勝種及び勝成の父水野忠重の墓所(広島県指定史跡)があります。

妙政寺

日蓮宗・市内北吉津町・水野家2代藩主水野勝俊の墓所(福山市指定史跡)があります。

小坂山神社

市内北本庄町・阿部家9代藩主阿部正方の墓所がある。阿部家歴代藩主では唯一福山に所在します。

円照寺
市内北本庄町・明治維新に新政府軍の福山城攻め本陣として使われました。

三蔵稲荷神社

二の丸北側の五千石蔵跡に建てられました。

福山八幡宮

水野勝種により福山城下にあった二つの神社を現在地に移されたものです。

聡敏神社

水野勝成公を奉る神社・福山八幡宮境内北西にあります。

備後護国神社(旧阿部神社)

阿部家5代藩主正精が城内北の松山に勇鷹神社を拓いて明治15年に阿部神社と改称されました。

広島県立歴史博物館

三の丸跡地に建てられている。南側を中心に福山城遺構の痕跡を示す表示が点在しています。

ふくやま美術館

西外堀跡に建てられています。

正面玄関を出た石畳から南側が概ね三の丸でありました。

ふくやま文学館

「御池」と呼ばれる城内の湿地帯跡に建てられています。

水野時代はこの池に舟を浮かべ藩主が遊覧したと伝えられています。

福山市人権平和資料館

東外堀へと続く水路跡に建てられています。

この水路は備後護国神社前から下流が現存しています。

福山市武道館(剣道・柔道場)

城北の松山中腹に建てられています。

江戸時代末期まで武道館に続く道路の入口付近に天神社への参道がありました。

福寿会館

二の丸北側にある貸会場で元は個人の別荘でありました。

藩政時代に五千石蔵があった場所で福山城の遺構とは無関係だが国の有形文化財に指定されています。

福山城への交通アクセス

山陽新幹線および山陽本線 福山駅から徒歩0分(福山駅は旧三の丸にある)

山陽自動車道 福山東I.Cより車で約20分(付近有料駐車場多数あり)

広島空港より福山駅前行リムジンバスにて約1時間半


posted by tomarigi at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 瀬戸内海国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60120205
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。