福禅寺 境内は「朝鮮通信使遺跡鞆福禅寺境内」として国の史跡に指定

福禅寺(ふくぜんじ)は、広島県福山市の鞆の浦にある真言宗の仏教寺院です。

山号は海岸山、院号は千手院です。

境内は「朝鮮通信使遺跡鞆福禅寺境内」として国の史跡に指定されています。

所在地 広島県福山市鞆町鞆2
位置 北緯34度22分59.08秒
東経133度23分0.1秒
山号 海岸山
宗派 真言宗
本尊 千手観音
創建年 平安時代(950年頃)
開基 空也
正式名 海岸山 千手院 福禅寺
文化財 千手観音、木造地蔵菩薩半跏像、木造役行者像及び二鬼像(市文化財)、国史跡


創建は平安時代の950年頃と伝えられます。

現在の本堂と隣接する客殿(対潮楼)は江戸時代の1690年頃に建立されました。

江戸時代を通じて朝鮮通信使のための迎賓館として使用され、日本の漢学者や書家らとの交流の場となりました。

1711年に従事官の李邦彦が客殿からの眺望を「日東第一形勝(朝鮮より東で一番美しい景勝地という意)」と賞賛し、1748年に正史の洪啓禧が客殿を「対潮楼」と名づけた書をのこしてあります。

利用情報

開門時間― 8:00〜17:00

交通アクセス― JR山陽本線および山陽新幹線 福山駅から鞆鉄バスで30分、「鞆の浦」下車 徒歩5分

所在地

〒720-0201 広島県福山市鞆町鞆2

周辺情報

鞆の浦
沼名前神社
安国寺
太田家住宅
いろは丸展示館
鞆の浦歴史民族資料館
法宣寺




posted by tomarigi at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 瀬戸内海国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60289473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。