御崎 瀬戸内海(播磨灘北西部)に面する岬

御崎(みさき)は、兵庫県赤穂市御崎に属し、瀬戸内海(播磨灘北西部)に面する岬です。

東経134度24分29秒、北緯34度43分34秒。

播磨灘屈指の景勝地であり、瀬戸内海国立公園に含まれています。

景勝海岸のほかに、海岸の遊歩道沿いに立つ「大石名残の松」や、一目5千本といわれる桜など見所も多いです。

地理

千種川河口東方に立地し、主として流紋岩質凝灰岩と石英粗面岩から成る小半島の南端。半島の山頂と沖合いの御前岩に灯台があります。

沖には家島諸島及び小豆島が望まれる景勝地で、温泉もあり、保養所や旅館が並びます。

西側一帯はかつて赤穂塩(天塩)の採れる塩田でありました。

現在は赤穂海浜公園となっています。

付近の観光地

福浦海水浴場
赤穂御崎温泉
伊和都比売神社
赤穂市立田淵記念館
兵庫県立赤穂海浜公園
赤穂市立海洋科学館
坂越

交通

赤穂線播州赤穂駅からバス(ウエスト神姫)「保養センター」行き乗車。

posted by tomarigi at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 瀬戸内海国立公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。