釧路湿原 釧路平野に位置する日本最大の湿原 釧路湿原 釧路湿原駅付近に細岡展望台などの施設 西端には、釧路市湿原展望台があり

釧路湿原(くしろしつげん)は、北海道釧路平野に位置する日本最大の湿原です。

面積18,290ha。

1967年に天然記念物(天然保護区域)に、1980年にラムサール条約登録地に、1987年に湿原周辺を含む約26,861haが国立公園(釧路湿原国立公園)に指定されました。


地理的には、
湿原は釧路市の北側に広がっています。

湿原のかなりの部分が、北海道川上郡標茶町と北海道阿寒郡鶴居村に属します。

湿原の中を釧路川が大きく蛇行しながら流れています。

自然保護

釧路湿原の自然保護は1935年に「釧路丹頂鶴繁殖地」として2,700haが国の天然記念物に指定されたことに始まりました。

その後1967年に、タンチョウ以外の多くの鳥類の繁殖地・休息地であり、生育する湿原植物も重要な価値を持っていることが評価され、天然保護区域に指定変更し、その範囲も約5,600haに拡張されました。

現在タンチョウの夏季繁殖地は釧路湿原を含む道東各地に広がっているが、冬には帰ってきて越冬します。

サケ科に属する日本最大の淡水魚イトウなど希少な生物も多く、貴重な自然の残る領域であります。

一帯はほとんどが湿原であり、国立公園特別区域のため一般人は入れないです。

観光客は高台にある複数の展望台から風景を眺めるか、遊歩道を歩く、またはカヌー等により川下りによって観察を行しかありません。

釧網本線は一部湿原内を通るため、これで観察する方法もあります。

かつては一部が干拓され、牧草地にする試みが行われたこともあったが、現在は国土交通省や環境省により「釧路湿原自然再生プロジェクト」が行われています。

塘路湖などの湖もあります。

釧路湿原への交通アクセス

東端には、釧網本線で行くことができます。

最寄り駅は塘路駅、細岡駅、釧路湿原駅など。

釧路湿原駅付近に細岡展望台などの施設があります。

西端には、釧路市湿原展望台があり、バスで行くことができる。またこの付近は鉄道の廃線跡を利用した遊歩道も整備されています。






posted by tomarigi at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 釧路湿原国立公園

釧路湿原国立公園 北海道東部にある国立公園 北海道で最も北海道らしい景観を維持 タンチョウやイトウ、キタサンショウウオやエゾカオジロトンボといった貴重な野生生物の宝庫

釧路湿原国立公園(くしろしつげんこくりつこうえん)は北海道東部にある国立公園であります。

1987年7月31日に指定されました。

日本で第28番目の国立公園であります。

釧路湿原は、面積は19357haにおよぶ、日本一大きな湿原であります。

1980年日本がラムサール条約に加盟する際に最初に登録した湿地です。

1967年湿原そのものが国の天然記念物に指定されています。

そのため立入が厳しく制限されており、北海道で最も北海道らしい景観を維持できています。

ヨシ・スゲ・ミズゴケ湿原やハンノキ林、曲がりくねった河川や湖沼群など様々な環境を含んでいます。

タンチョウやイトウ、キタサンショウウオやエゾカオジロトンボといった貴重な野生生物の宝庫であります。

関係市町村

釧路支庁

釧路市

釧路町

標茶町

鶴居村

posted by tomarigi at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 釧路湿原国立公園

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。