岩手山 標高は2,038mで、二つの外輪山からなる複式火山であり 岩手県最高峰です 「南部片富士」とも呼ばれます

岩手山(いわてさん)は、東北、奥羽山脈北部の山です。

標高は2,038mで、二つの外輪山からなる複式火山です。


標高 2,038 m
位置 北緯39度50分55秒
東経141度00分15秒
所在地 岩手県盛岡市、八幡平市
滝沢村、雫石町
山系 奥羽山脈
種類 成層火山

岩手山は、奥羽山脈にありながら、主稜からは離れており、独立峰にちかい形態であります。

岩手県最高峰です。

岩手県盛岡市、八幡平市、滝沢村、雫石町にまたがり位置します。

盛岡側から見る姿は「表岩手」、松尾村方面から見る姿は「裏岩手」と呼ばれ、その表情が全く異なります。

別名に巌鷲山(がんじゅさん)があるが、本来「いわわしやま」と呼ばれていたものが「岩手」の音読み「がんしゅ」と似ていることから、転訛したものだとも言われます。

静岡県側から見た富士山に似ており、その片側が削げているように見えることから「南部片富士」とも呼ばれます。

古名に「霧山岳」「大勝寺山」。

俗称に「お山」。

古来から信仰の山で、山頂外輪を取り囲むように石仏、山麓の滝沢村・盛岡市に岩手山神社が祭られています。

前九年の役以後、巌鷲山大権現大宮司として伊豆国出身の「栗谷川(厨川、工藤)家」が代々祭事を務めることとされていたが、後に祭祀権をめぐり攻防がありました。

春、表岩手山には雪解けの形が飛来する鷲の形に見えるため、これが山名の由来になったとも伝えられます。

「子富士」とペアで「親富士」と表現することもあります。(原敬句碑より)

歴史

1686年 噴火。ベースサージの発生、スコリアの噴出

1731年 噴火。北東山麓に溶岩流(国の特別天然記念物・焼走り(やけはしり)溶岩流)が発生。現在の八幡平市の集落の住民が避難。

1919年 小噴火(水蒸気爆発)

1998-2003年 火山性地震、地殻変動が見られました

岩手山登山

八幡平市、滝沢村、雫石町からの登山ルートが存在します。

火山活動の活発化に伴い長らく入山規制が行われてきたが、2004年7月1日解除されました。

依然として、火山の活動は見られることから、登山の安全に関しては自己責任が求められる状態であります。

噴火の兆候のない平常時は、周辺の中学校で集団登山が行われたり、アマチュア無線の伝搬実験が行われたりしたほか、古くは修行にも使われたらしいです。

岩手山の周辺

岩手山の東部には盛岡市が広がっています。

人口密度は高く、高速道路、新幹線などの交通機関も密集します。

岩手山の西部には、地熱発電所(松川地熱発電所、葛根田(かっこんだ)地熱発電所)が2ヶ所立地しています。

岩手山の北東斜面には、国の特別天然記念物に指定されている焼走り熔岩流があります。




posted by tomarigi at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 十和田八幡平国立公園

秋田駒ヶ岳 8合目まで車道が通り高山植物を観察するファンに人気が高い 環境保護のため早朝から夕方までマイカー規制が取られております

秋田駒ヶ岳(あきたこまがたけ)とは、秋田県仙北市と岩手県岩手郡雫石町に跨る活火山(ランクB)であります。

十和田八幡平国立公園の南端。標高1,637m。

全国に数多い駒ヶ岳のなかで最も高山植物の豊富な山として知られています。


標高 1,637.4 m
位置 北緯39度45分28.4秒
東経140度48分09.2秒
所在地 秋田県仙北市、岩手県岩手郡雫石町
山系 奥羽山脈
種類 活火山

概要

南部片富士と呼ばれる岩手山の片富士側の尾根が乳頭山(岩手県側では、烏帽子岳と呼称・標高1,478m)を経て秋田駒ヶ岳につながっています。

また乳頭山からは山頂が広い湿原となっている小白森と大白森を経て八幡平へ続く尾根が分岐します。

これらの尾根が登山道となっており、間には避難小屋も整備されているので縦走に便利であります。

秋田駒ヶ岳から乳頭山への縦走路から外れたところには千沼ヶ原と呼ばれる大きな湿原があり、秋田駒ヶ岳山頂と比べて訪れるものも少なく、静かなたたずまいを見せます。

標高が低いため正確な意味では高山帯を持たないが、頂上効果によって広大な偽高山帯が発達して、秋田駒ヶ岳高山植物帯として有名であります。

現在も活発な活火山であり、頂上部の地形がが絶えず変形し攪乱を受けることも、偽高山帯が維持される要因となっています。

近隣では愛称をこめた短縮形で「秋田駒(あきたこま)」とも呼ばれます。

観光
8合目まで車道が通り、車で入山できる手軽さから、高山植物を観察するファンに人気が高いが、夏季には観光客が殺到するため、環境保護のため早朝から夕方までマイカー規制が取られており、駒ヶ岳火山防災ステーション(アルパこまくさ)から定時のシャトルバスが発着しています。

麓の乳頭温泉郷は、温泉ファンに人気が高く、混雑する秘湯として全国的に有名であります。

火山活動

細長いカルデラの中に女岳・小岳・南岳の中央火口丘があり、カルデラの外に最高峰の男女(女目)岳があり一等三角点が設置されています。

男岳・横岳はカルデラ外輪山のピークであります。

最近では1970年に女岳が噴火しました。

このとき、女岳の山頂に形成されたスコリア丘から玄武岩質安山岩の溶岩流が発生しカルデラ内を約500m流下しました。


posted by tomarigi at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 十和田八幡平国立公園

八甲田山 青森市の南側にそびえる火山群の総称で日本百名山の一つです 湿原が多く、高山植物イワイチョウ、 モウセンゴケ、ミズバショウが見られます

八甲田山(はっこうださん)

東北、青森市の南側にそびえる火山群の総称です。

八甲田山の最高峰、八甲田大岳(はっこうだおおだけ)、国土地理院では大岳(おおだけ)。

標高1584mです。

新田次郎の代表作『八甲田山死の彷徨』を原作とした映画。

1978年にTBS系で放映されたテレビドラマ。

八甲田山(はっこうださん)は青森市の南側にそびえる火山群の総称で日本百名山の一つです。

岩木山と同様 本州最北部にある火山です。

現在の火山活動は穏やかです。

周辺は世界でも有数の豪雪地帯です。

地形と噴火史

八甲田山は近くにある十和田湖と同じく、カルデラを有する火山群であります。

広い湿原のある田代平近辺の窪地がカルデラの北半分に相当し、南半分はカルデラ形成後に噴火した八甲田大岳などの火山群が盛り上がっています。

櫛ケ峯(1517m)のある南八甲田は古い先カルデラ火山に相当します。

カルデラを形成した巨大噴火は2回(65万年前と40万年前)発生しました。

南八甲田は2回目のカルデラ噴火の前に火山活動を終えています。

北八甲田はカルデラ南半分を埋める形で16万年前から活動を始め、繰り返し噴火しながら多数の(余り大きくない)成層火山を形成しました。

歴史時代の記録では溶岩を流出するような大きな噴火は無いが、山群の所々から火山ガスが噴気しています。

1997年には訓練中の自衛隊員3名が窪地にたまっていた火山ガスにより死亡する事故が発生しています。

山を楽しむ

標高1584mの大岳のほかに、田茂萢岳(たもやちだけ)、赤倉岳、小岳、高田大岳などの山々がほとんど同じ高さで並んでいます。

ロープウェイは田茂萢岳に設置されており、冬はスキー、積雪期以外ならハイキング気分で山歩きが楽しめます。

秋には全山紅葉し見事な錦秋模様となる上、登山道沿いにはコケモモやガンコウランがたくさん実をつけており、目と舌の両方を楽しませてくれます。

また、冬季には東北地方でも有数の豪雪と強い季節風によりアオモリトドマツに大きく見事な樹氷を楽しむことができます。

高山植物は、

八甲田山には湿原が多く、イワイチョウ、 モウセンゴケ、ミズバショウが見られます。

山にはアオモリトドマツ(オオシラビソ)の林があり、稜線にはハイマツが茂っています。

温泉は、

麓には千人風呂が有名な酸ヶ湯があります。

その他にも城ヶ倉温泉、谷地温泉、猿倉温泉など小さな温泉があちこちに湧出しています。





posted by tomarigi at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 十和田八幡平国立公園

奥入瀬渓流沿いにはいくつもの滝が点在し 車道とともに遊歩道が整備されています 空気がいいですね 最高のリフレッシュ場所ですね 新緑、紅葉の時期は特に美しく、観光客も多い

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)は、青森県十和田市十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流であります。

渓流沿いには、車道とともに遊歩道が整備されています。

渓流沿いにはいくつもの滝が点在し、この道は「瀑布街道」とも呼ばれています。

十和田湖への魚の遡上を阻止してきた魚止めの滝でもある銚子大滝をはじめとして、阿修羅の流れ、雲井の滝等多くの景勝地があります。

新緑、紅葉の時期は特に美しく、観光客も多いです。

奥入瀬渓流の景勝地

万両の流れ

千両岩

五両の滝

銚子大滝

寒沢の流れ

九段の滝

姉妹の滝

双白髪の滝

不老の滝

白糸の滝

玉簾の滝

白絹の滝

岩菅の滝

白銀の流れ

天狗岩

双竜の滝

白布の滝

雲井の滝

飛金の流れ

昭和池

九十九島

阿修羅の流れ

馬門岩

屏風岩

石ヶ戸の瀬

三乱の流れ

紫明渓


1928年(昭和3年)には十和田湖とともに名勝及び天然記念物に、さらに1936年(昭和11年)には十和田国立公園(現:十和田八幡平国立公園)に指定されました。

1952年(昭和27年)には、特別名勝及び天然記念物に格上げされています。
posted by tomarigi at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 十和田八幡平国立公園

八幡平 広い高原上のあちこちに様々な形の火山起源の小さなピークがそびえ、その間に無数の沼や湿原が点在 八幡平周辺は東北地方でも有数の温泉地帯です

八幡平(はちまんたい)は奥羽山脈北部の山群です。

岩手県、秋田県にほぼ等面積で広がる楯状火山跡であります。

広い高原上のあちこちに様々な形の火山起源の小さなピークがそびえ、その間に無数の沼や湿原が点在します。

最高地点の標高は1613m。

岩手県側の市町村合併で「八幡平市」が新市名に決定した折、「八幡平は秋田のものだ」とクレームがつく騒動がありました。


温泉

八幡平周辺は東北地方でも有数の温泉地帯、特徴のある温泉が多数湧出しています。

頂上近くの藤七温泉や蒸ノ湯温泉(ふけのゆ)のほかに、少し足を伸ばせば火山地獄が見られる後生掛温泉や、北投石で有名な玉川温泉などの名湯があります。

一帯は八幡平温泉郷として、国民保養温泉地にも指定されている。


トレッキングコース
○アスピーテライン頂上駐車場(30分)→八幡沼展望台*1*2(10分)→八幡平頂上(20分)→分岐(10分)→八幡平頂上駐車場<所要約1時間10分>

サブコース

*1=八幡沼展望台(10分)→八幡沼一周(40分)→分岐(10分)→八幡平頂上駐車場
*2=八幡沼展望台(10分)→八幡沼(25分)→源太森(40分)→黒谷地(30分)→茶臼岳(30分)→茶臼口バス停
posted by tomarigi at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 十和田八幡平国立公園

十和田湖への交通アクセス 当然東北の観光名所十和田湖ですね お土産は秋田と青森の名産が売っています

十和田湖への交通アクセス
 
鉄道下車駅   乗車路線   所要時間   下車停留所

東北新幹線盛岡駅 岩手県北バスとわだこ号 約2時間 十和田湖下車

東北新幹線八戸駅 JRバス東北おいらせ号 約2時間20分 十和田湖下車

東北本線青森駅 JRバス東北みずうみ号 約3時間 十和田湖下車

十和田観光電鉄線十和田市駅 十鉄バス十和田湖観光線 約1時間40分 十和田湖バスターミナル下車

花輪線十和田南駅 秋北バス急行十和田湖〜八幡平線 約1時間 十和田湖下車



十和田湖の観光としては、

十和田湖遊覧船(2004年10月9日)湖畔には高村光太郎作のブロンズ像「乙女の像」の他、十和田ビジターセンター、十和田科学博物館などがあり、観光用の湖上遊覧船が運行しています。

湖に突き出した中山半島には十和田神社があります。

また十和田湖畔温泉があり、国民宿舎が設置されています。

毎年7月の第三金・土・日曜日には「湖水まつり」が開催され、また7月下旬の日曜日には十和田湖一周道路(約50km)を約12時間かけて歩く「十和田湖ウォーク」が行われています。

湖自体の帰属が、青森県と秋田県の間で決まっていないので土産物屋では青森の特産物(りんごなど)と秋田の特産物(きりたんぽや樺細工)とが両方販売されています。
posted by tomarigi at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 十和田八幡平国立公園

十和田湖の歴史 十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖 十和田火山の噴火で形成された二重カルデラ湖

十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖です。

十和田八幡平国立公園内にあります。


所在地 青森県 秋田県
面積 61.1 km²
周囲長 46.0 km
最大水深 327.0 m
平均水深 71.0 m
貯水量 4.19 km³
水面の標高 400 m
成因 カルデラ湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 貧栄養湖
透明度 9.0 m

地理的には、

十和田火山の噴火で形成された二重カルデラ湖です。

現在も活火山として指定されています。

最大深度327mは日本第三位です。

流出河川は奥入瀬川。

胡桃を半分にした形。

湖の中央、御倉山と中山半島の間にある中湖(なかのうみ)とよばれる水域が最深部であり、御倉山の東側の東湖(ひがしのうみ)や中山半島の西側の西湖(にしのうみ)と呼ばれている水域の水深は50〜100mほどであります。

なお、江戸時代より郡の境界が不明確で十和田湖の帰属が決まらないため、青森県と秋田県との境界はいまだに確定しておらず、その分の地方交付税交付金が宙に浮いています。

十和田湖の歴史

十和田湖の原型(外縁)は、約3万年前の十和田火山の大噴火と陥没(第一カルデラ)によってできたと考えられています。

東湖や西湖はこの第一カルデラの一部であります。

さらに約1万年前に十和田カルデラの東南部で噴火によってカルデラ内部に五色岩(または五色台)火山が形成されました。

五色岩火山は初期に玄武岩を噴出し山体を成長させました。

その後、安山岩・デイサイトを経て流紋岩を噴出するようになりました。

それに伴い爆発的噴火が多発し火口を拡大していきました。

そして、5400年前の噴火で火口壁が崩壊し第一カルデラの湖水が火口に流入しました。

これにより中湖ができたと考えられています。

915年(延喜15年)、十和田火山は大噴火を起こしました。

このとき毛馬内火砕流が周囲20kmを焼払ったようです。

この噴火は過去2000年間、日本国内で起きた最大規模の噴火であったと見られます。

この噴火の火山灰は東北地方一帯を広く覆い、甚大な被害をもたらしたと推定されます。

1855年(安政2年)、新渡戸伝(新渡戸稲造の祖父)によって三本木(現・十和田市)開拓が着手されました。

奥入瀬渓流の下流には、その際に作られた十和田市法量(旧十和田湖町法量)から開拓地への水路(稲生川)の取水口があります。

明治時代に和井内貞行によってヒメマスの養殖が成功し、特産物として重要な観光資源になっています。

なお、湖畔の秋田県側の小坂町の生出(通称:和井内)地区には、ヒメマスの孵化場があります。

「十和田湖および奥入瀬渓流」として文化財の特別名勝及び天然記念物に指定されており、1936年、周辺の奥入瀬渓流、八甲田火山群と共に十和田八幡平国立公園に指定されました。

紀行文作家大町桂月はこの湖の美しさについて、「山は富士、湖は十和田湖、広い世界に一つずつ」と評しています。


posted by tomarigi at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 十和田八幡平国立公園

十和田八幡平国立公園 青森県、岩手県、秋田県に位置する国立公園 十和田湖周辺と八幡平周辺の火山群を包括する国立公園

十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園は北東北にまたがる、青森県、岩手県、秋田県に位置する国立公園です。

名の通り、十和田湖周辺と八幡平周辺の火山群を包括する国立公園であります。

元は十和田国立公園で十和田湖地域のみの指定であった(1936年2月1日指定)が、1956年7月10日に八幡平地域が追加されたことにより、現在の名前となりました。

一帯が那須火山帯に含まれ、多種多様の火山が見られるため、火山の博物館の異名をとります。

また、玉川温泉、蔦温泉、酸ヶ湯温泉など温泉地が多いです。

また新緑、紅葉の名所としても知られ、訪れる観光客は多いです。

歴史的過程もあり、大別すると十和田・八甲田地域と八幡平地域に分かれています。

景勝地

十和田八甲田地域

十和田湖

奥入瀬渓流

八甲田山

田代平湿原

八幡平地域

八幡平

玉川温泉

駒ヶ岳

岩手山

自然について

地形

無数の火山地形が見られます。

中でも玉川温泉の北投石や岩手山の焼走り熔岩流などは国の特別天然記念物に指定されています。

他にも無数の噴気孔やそれによってできた噴泥があります。

十和田湖は二重のカルデラ湖で、奥入瀬渓流は十和田湖から唯一流れ出る河川となっており、熔岩性の凝灰岩の浸食が顕著。

八甲田の連峰は北と南によって構成され、非常に雄大です。

かつては八幡平をアスピーテ、八甲田山や駒ヶ岳をコニーデ、焼山をトロイデなどと呼んでいたが、現在地理学、地質学的に用いられることはないので注意を要すべきであります。

植生

いずれの地域も落葉広葉樹の宝庫で、ブナ、カツラ、カエデ、トチノキ、ダケカンバなどの植生が見られます。

また、標高が高い場所にはハイマツを中心とした高山植物群落が確認されます。

田代平などの湿原地帯には湿性植物がみられ、火山ガスが蓄積した一帯には、イソツツジなどの火山地帯ならではの硫気孔原植生が見られます。

動物

八幡平地域ではツキノワグマ、カモシカ、タヌキなど哺乳動物の棲息が盛ん。また、大小多数の鳥類が見られます。





posted by tomarigi at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 十和田八幡平国立公園

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。